保険料値上げ 60代 車

保険料が値上げになった60代の方 車の保険を比較してみましょう

保険料が値上げになってしまった60代の方、車の保険、高いですよね…

 

 車を維持するのには、ただでさえお金がかかります。

 

 長い間乗っていれば、ファンベルトを交換したり、タイヤを取り替えたり、ウォーターポンプが壊れたりと、いろいろな費用もかさみます。

 

 

 今まで自動車の保険では、年齢が高いほど、保険料が安いという仕組みになっていました。

 

 ですが、つい最近保険料の改定があり、この神話が崩れ去ってしまったのです。

 

 

 言われるがままに支払わなければならないのか、それともいい方法があるのか、

 

 そもそもどうして値上げになってしまったのか、そのあたりを少しずつ見て行く事にしましょう。

 

 

保険料が値上げになった理由 年齢条件が細分化されました。

 

 「30才以上」 という括りの中で、自動車任意保険料に入っていた方も多いと思います。

 

 例え60才でも、30才以上でしたよね。

 

 

 このきまりが、今回改定になっています。

 

 30才から上が、細かく細分化されています。 下のようなイメージになります。

 

保険料の細分化 車の保険

 

 

保険料の値上げは 9年も行われていなかった… 

 

 車関連の事柄は、年がら年じゅう値上げしているようなイメージがありますよね。

 

 自動車の任意保険に関しては、保険料が値上げになるのは9年ぶりだそうです。

 

 

 全体的にみると、平均で5.7%の値上げです。

 

車の保険の値上げ幅

 

 

保険料の値上げの実際 高齢者ほど負担が増しています。 60代はかなりの値上げです。

 

 今回の自動車保険の値上げの特徴を見てみましょう。

 

 一番大きなポイントは、年齢条件を細分化した、高齢者の負担が大きく増していることです。

 

 下の図のように、60代の方にとっては、かなりの負担増となってしまっているのです。

 

 

60代の自動車保険料負担

 

 

保険料の値上げ 車の保険の値上げ額 例えば60代の場合は?

 

 保険料の値上げは、実際にはどの位の額になっているのでしょうか?

 

 標準的と言われる契約において、各年代の値上げ額を調べてみました。

 

 

 これから先、ずっと払い続けるものですから、ここまでの値上げは負担ですよね。

 

 

60代 保険料の値上げ額

 

 

保険料が値上げになってしまった原因 

 

 自動車の保険料は、その時代の状況に応じて改定が繰り返されて行きます。

 

 今回は、高齢者を中心に大幅な値上げになっているわけですが、このような理由からです。

 

保険料の値上げの理由60代

 

 実際に、高齢者を中心に、アクセルとブレーキの踏み間違えや、センターラインをはみ出しての正面衝突など、操作ミスが原因による事故が大幅に増えています。若者の車離れに見られるような、年代ごとの価値観の変化も今回の自動車保険料値上げの要因の一つとなっています。

 

 

 

 

 

保険料の値上げ 国内各社で行われます。 最終的には国内全ての損保会社が値上げに…

 

 現在お知らせしている自動車保険の値上げは、最終的には全ての国内損保会社で行われます。

 

 ですが、震災の影響などもあり、今回は全ての会社で出足が揃っていません。

 

 

 A社は値上げ後の高い価格をご案内、一方B社では値上げ前の安い価格でご案内、などという事態もあり得ます。

 

 ですが、最終的には、自動車ディーラーを大きな代理店とする、国内損保各社は、値上げとなります。

 

 

 現在、国内の損保各社においては統廃合が進められています。

 

 最終的には、東京海上グループ、三井住友グループ、損保ジャパングループになるようです。

 

 

車の保険料が値上げになりそうな60代の方 こちらのシステムをお試し下さい。

 

 損保会社にはいろいろな会社があります。

 

 自動車販売会社を代理店に持つ、国内大手損保会社は、今回値上げになります。

 

 

 インターネットやテレビでよく見る保険会社もありますよね。

 

 

 ダイレクト系、外資系、など、今回の値上げの協定とは別の価格設定の会社も存在します。

 

 

 今は、インターネットが普及したことで、簡単な入力だけで、沢山の会社から見積もりが取れます。

 

 見積もりをしたからと言って、今までお世話になってきた担当者にばれてしまう事はありません。

 

 

 また、保険料の比較を目的としていますので、とある会社からのしつこい勧誘もありません。

 

 

 納得して、信頼のおける会社だと思えば話を聞けばいいことです。

 

 そう思えない場合は、今の会社で継続すればいいのです。

 

 

 一度、他社の値段を聞いてみるといいと思います。

 

 「信頼」 に、毎年どれくらいのお金を払っているのかを知るだけでも違います。

 

 

 簡単な入力をするだけですので、是非一度ご覧になってみてください。

 

保険料値上げの対策

 

 

 

 

 

 

 

 

  ご参考までに …



一度、車の価格を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたの車の価格を、複数社から教えてもらえるシステムです。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓









殆ど乗らないなら、カーシェアリングシステムへ。

任意保険料、税金、駐車場代もろもろ かかりません。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓



カレコ・カーシェアリングクラブ


 

 

 

自動車の消耗品でも節約できます。 管理人も実践している節約作戦!


節約目標 ▲ 50,000 円  タイヤ代節約 節約目標 ▲ 20,000 円  バッテリー代節約



管理人は 195/65/15 プリウスやセレナに合うこのサイズ4本新品、コミコミ 25,000円で愛車に装着できました。
新品BSより5万円以上安く手に入れるならココ。
通販で安く買って、量販店で取り付けてもらうと、とってもお得!是非ご体験ください!タイヤもディーラーさんにとってかなりの利益商品です。

こちらから ⇒ 新品タイヤなのに5万円節約する


エネオスなどの高級バッテリーが新品の4分の1以下の価格で買える!重機や船舶では中古バッテリーが多く使われています。 保証付きで安心!殆どが送料無料で、使用後の廃棄バッテリーも無料で引き取ってくれます。エコを実感できておトク!ディーラー新品は利益商品、高い。

こちらから ⇒ 中古バッテリーで2万円節約する

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ