保険料値上げ 70代 車

保険料が値上げになった70代の方 車の保険を見直してみませんか?

車の保険料が値上げになると言われてしまった70代の方、保険料高いですよね…

 

 今まで車の保険は、長い間納めていればだんだんと安くなるものでした。

 

 当然、高齢者には優しい値段設定でした。

 

 

 ですが、先日任意保険料の改定が行われ、この原則が当てはまらなくなってしまったのです。

 

 どうして価格改定が行われたのか、今の状況や背景を考え、私達にできることを考えてみましょう。

 

 

 

保険料の値上げ 年齢制限が細かくなりました。

 

 今まで私達は何歳になっても、30才以上、という、自動車保険の区分に入っていました。

 

 今回の価格改定で、この年齢制限に変更が加えられています。

 

 

 30才以上が1つの区切りではなく、10歳ごとに細分化され、それぞれにおいて価格が設定されるようになりました。

 

 下のようなイメージです。

 

 

保険料の値上げ 価格改定のポイント

 

 

車の保険の値上げは 9年も行われていませんでした。

 

 自動車に関する費用はいろいろありすぎて、その状況を把握するのが大変ですよね。

 

 整備代金や車検代、消耗品代、などの直接的なものはもちろんですが、その他にも、任意保険料、自動車税、自動車重量税、ガソリン税、高速道路使用料、駐車場代、JAF継続、などなど、さまざまなものがあります。

 

 

 自動車任意保険の価格改定は、実は9年ぶりです。 ちょっと意外ですよね。

 

 

 自動車保険全体では、5.7%値上げされています。

 

 

 

保険料の値上げ 70代

高齢者程負担が増すように改定される自動車の保険料。

 

 今回の車の保険料の値上げの特徴をみてみましょう。

 

 最大のポイントは、年齢制限を細分化した高齢者の負担が大きく増していることです。

 

 

 一例として、下の図のように、60代の方はかなりの負担増となってしまっているのです。

 

 

自動車保険料 高齢者負担額

 

 

保険料が値上げ? 自動車保険料の値上げ額 70代の場合。

 

 保険料の値上げは、実際問題いくら位なのでしょうか?

 

 一般的な契約で、各世代の値上げ幅を比べてみましょう。

 

 

 ご覧頂くとおわかりのように、70代の方は、一番の値上げとなってしまっています。

 

 これから先、何年も払い続けて行くものですから、車の保険料値上げはキツイですよね。

 

 

車の保険料値上げ 70代の例

 

 

車の保険が値上げになってしまった社会的要因

 

 自動車保険料は、時代の状況に合わせて見直しが行われます。

 

 今回は、高齢者を中心に大幅な値上げとなっている訳ですが、その理由がこちらです。

 

 

70代の保険料値上げの理由

 

 

 実際に、アクセルとブレーキを踏み間違えたり、センターラインをはみ出して対向車と正面衝突してしまったりという、重大な事故が、高齢者に多くなって来ています。若者自体の数が少ない事に加えて、車離れという社会的な背景も今回の保険料値上げの要因となっています。前者は努力次第で改善の余地がありますが、後者は、私達がいくら努力してもどうにもならない種類の問題ですね。

 

 

保険料の値上げは 国内の損保各社で行われますが、出足が揃っていません。

 

 現在お知らせしている、車の保険の値上げは、国内の損保会社全てで行われます。

 

 震災の影響もあり、各社でスタートがずれています。

 

 

 A社では値上げ前の価格をご案内していて、B社では値上げ後の価格をご案内している、というケースもあります。

 

 

 損保各社の今後の動きですが、現在は統廃合が進んでおり、最終的には3つの大きなグループになります。

 

 東京海上グループ、三井住友グループ、損保ジャパングループ、になるようです。

 

 

 自動車ディーラーを代理店に持つ国内の損保各社は、決まりに従って、最終的には全ての会社が値上げになります。

 

 

 

 

車の保険料が値上げになると言われた70代の方、こちらのシステムをお試し下さい。

 

 自動車保険の会社には、いろいろな会社があります。

 

 先ほどお話した、自動車ディーラーを代理店に持つ、国内損保各社は、最終的には値上げをします。

 

 

 一方で、外資系、通販ダイレクト系などと呼ばれる、テレビでよく見る保険会社も存在します。

 

 

 これらの会社の中には今回の値上げの協定には入っておらず、独自の価格設定を行っている会社もあります。

 

 

 

 今はインターネットが普及したおかげで、簡単に各社から見積もりが取れるようになっています。

 

 マウス操作を中心とした簡単な入力で、最大20社の車の保険料を比べる事ができます。

 

 

 純粋な車の保険料の比較が目的ですから、強引に契約を迫ったり、しつこく勧誘されることはありません。

 

 

 

 価格やサービスをまずは比べてみて、納得できる会社だと思ったなら、その先にすすめばいいのです。

 

 少しでも不安があるのなら、今の会社に引き続きお世話になればいいのです。

 

 

 簡単な入力をするだけですので、是非一度ご覧になってみてください。

 

 「信頼と安心感」 および 「価格」 とのバランスを、実際に見て、比べてみて下さい。

 

 

 

 70代の方向け、保険料比較のススメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ご参考までに …



一度、車の価格を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたの車の価格を、複数社から教えてもらえるシステムです。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓









殆ど乗らないなら、カーシェアリングシステムへ。

任意保険料、税金、駐車場代もろもろ かかりません。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓



カレコ・カーシェアリングクラブ


 

 

 

 

自動車の消耗品でも節約できます。 管理人も実践している節約作戦!


節約目標 ▲ 50,000 円  タイヤ代節約 節約目標 ▲ 20,000 円  バッテリー代節約



管理人は 195/65/15 プリウスやセレナに合うこのサイズ4本新品、コミコミ 25,000円で愛車に装着できました。
新品BSより5万円以上安く手に入れるならココ。
通販で安く買って、量販店で取り付けてもらうと、とってもお得!是非ご体験ください!タイヤもディーラーさんにとってかなりの利益商品です。

こちらから ⇒ 新品タイヤなのに5万円節約する


エネオスなどの高級バッテリーが新品の4分の1以下の価格で買える!重機や船舶では中古バッテリーが多く使われています。 保証付きで安心!殆どが送料無料で、使用後の廃棄バッテリーも無料で引き取ってくれます。エコを実感できておトク!ディーラー新品は利益商品、高い。

こちらから ⇒ 中古バッテリーで2万円節約する

 

ホーム RSS購読 サイトマップ